腱鞘炎になった場合、その患部を安静にするのが一番ですが、どうしても動かさないといけないこともあるでしょう。 しかし、うごかすと強烈な痛みを感じてしまうため、動かしたくても動かせない場合もあるのです。 そんな時に、おすすめなのがサポーターです。 サポーターはドラッグストア等で簡単に入手出来るから、腱鞘炎に悩まされている人は使用されましょう。 サポーターを使用することで、患部への負担を大きく軽減させることができ、腱鞘炎の悪化を防ぐことができます。 また、腱鞘炎の痛みも和らげる事ができるために、非常に便利なアイテムだといえるでしょう。 但し、サポーターを着用すると関節の動きが制限されてしまうため、動かしづらくなり、日頃の生活に支障をきたす場合もあります。 それに、ずっと着けていると患部の筋肉を使用しなくなりますので、筋力が低下したり、関節が固まってしまう危険もあるのです。 このように、サポーターにはメリットだけではなく、デメリットもあるというのを理解しておいてください。 いつも使うのではなくて、必要な時にだけ着用するというのが良いかもしれませんー